プログラミング必修化した時の学校での教育

2020年にプログラミングが義務教育で必修化されようとしています。

現在、世の中ではインターネットが普及し、人々はパソコン、スマートフォンで常に情報に触れています。そして、仕事をするとパソコンを使うことはほぼ確実です。このような状況は今後さらに加速していきます。

今は、文章を打つ、計算をするくらいの能力のみでもパソコンを使って仕事はできますが、今後さらにスマートフォンによるアプリの台頭により、様々なアプリケーションに触れるようになっていくと思います。

そして、必要な能力として、それぞれの業務に必要なアプリケーションを自分で構築していくような世の中になっていくと思います。

そんな時に、プログラミングができるか、できないかは大きな分かれ道になってしまい、プログラミングができないことが大きな障壁になってしまいます。

そんな世の中が来る前に、子供のうちからプログラミングを学ぶことはとても大切なことだと思います。私も運良く小学生低学年の時にBASICを体験しまして、その経験から、プログラミングが得意になり、仕事でもプログラミング能力がとても役に立っています。どんな人もエクセルやワードを使うような気軽さで自分でプログラミングしてアプリケーションを作れることはこれからの世の中、とても大切な能力になると思います。

ですが、プログラミングが義務教育で必修化した場合、問題になるのが、教えられる教師がいないことです。

現在、慌てて教師がプログラミングの勉強を始めています。そんな、素人に毛が生えたような人間が教えるプログラミングなんて、大した勉強になりません。
英語の勉強のように、よくわかっていない人間に教わっても、プログラミング技術はなにも身につきません。体験したって経験のみになってしまいます。

ですので、プログラミング必修化した時には、本格的にプログラミングを子供に学ばせたい場合は、どうしても外部のプログラミング教室に頼るしかないと思っています。

学校はその成果を発揮するところ、プログラミング教室で、プログラミングの本質を専門家から学ぶという構図が、正しく効率良くプログラミングを学ぶ方法だと思います。

そんな時にこちらのサイトがおすすめです。

名古屋にあるプログラミング教室を網羅しているのでとても参考になりますよ。